もんじゃ焼 焼き方

知ってる?もんじゃ焼きの美味しい焼き方

徳川でのお好み焼の楽しみのひとつは自分で焼くこと。自分で焼けば、また一味違ったおいしさがあります。 「もっとおいしく焼きたい」というお客様からのご要望にお応えし、抑えておくべきコツをまとめてみましたので、ぜひご覧下さい。

  1. 下準備

    加熱した鉄板に、うすく油をひきます。 もんじゃ焼の器の中に出汁も一緒に入ってますので、出汁と具をよくかきまぜます。
    具はみじん切りにしたキャベツ、天かす、もち、さくらえび、切りイカなど(小間切にする)
  2. もんじゃの具を焼く

    出汁を残すようにして具だけを鉄板の上に出し、キャベツがしんなりするまで炒めます。

    ヘラを使って、細かく切っていきます。
  3. 土手をつくる

    ドーナツ状の土手をつくります。出汁を入れやすい大きさにすると後でまぜやすいです。
  4. 出汁を流し込む

    土手の中に残しておいた出汁を流しこみます。
  5. 混ぜ合わせる

    出汁が煮立ったら土手をくずして、粘りが出るまでまぜ合わせます。
  6. 仕上げ

    薄くひろげてできあがり。「はがし」(極小ヘラ)を使い、 外側から少しづつかき取るよう鉄板に押しつけ、"はがし" にくっつけてお召し上がりください。