関西風お好み焼 焼き方

あなたは知ってた?関西風お好み焼きの本当の焼き方

徳川でのお好み焼の楽しみのひとつは自分で焼くこと。自分で焼けば、また一味違ったおいしさがあります。 「もっとおいしく焼きたい」というお客様からのご要望にお応えし、抑えておくべきコツをまとめてみましたので、ぜひご覧下さい。

  1. 具を混ぜ、焼き始める

    加熱した鉄板に、うすく油をひきます。豚肉、鶏肉など肉類は先に軽めに焼いて下さい。 野菜、玉子、生地をよくかきまぜてから鉄板に移し1cm位の厚さに丸く広げて下さい。
    生地は底にありますので下から玉子と野菜などの具とまぜ、まざればOK! かきまぜすぎるとキャベツの水分が出始め粘りがなくなりますので注意してください。
  2. 肉・そばを焼く

    焼き上がった肉類はその上にのせ、お好み焼の底面と周囲がほどよく焼けて固まってくるまで待ちます。 同時に、そば玉、うどん玉をほぐしながら焼きます。
  3. こんがり焼く

    固まってきましたらヘラでひっくり返しながら、両面がキツネ色になるまで焼きます。 焦げ付かないように、火加減に注意して下さい。強火のままだと焦げ付きます。裏返す前に弱火にすること!
    関西風お好み焼はヘラで押さえつけて焼かないほうが美味しく焼けます。 焼きあがりは、ハシをつきさしてその両横を押さえ、生地の水分が出なければ、出来上がりです。
  4. 形を整える

    麺がほぼ焼き上がったらお好み焼の大きさに麺を整えその上にお好み焼をのせ軽く押さえてください。
  5. 仕上げ

    2・3度焼返してできあがり、ソースを塗ります。(かつおぶしや、青のり、ネギ)をふりかけて、でき上がりです。